2009年12月アーカイブ


目印

以前、このブログで時間の感じ方と言う題名の日記を書いたのですが、最近改めて実感しています。年齢を重ねるごと時間の経過が加速していくことを・・・

現役引退後にジムを開設するまでの4年間会社勤めを経験しました。
その時の上司にこんな事を言われたことを記憶しています。
三日三月三年つまり計画を立てる上で、その目的の大きさによって準備期間が変わるということです。
例えば何か物を買うと決めた場合、パソコンであればメーカーやスペックなどを照らし合わせて三日前後あれば十分です。
しかし、車となると3ヶ月位は色々と考える時間が必要になってきます。
さらにそれが家ともなると、その準備期間に3年ないしそれ以上はかかるのではないでしょうか。
何事も目的があるから計画を立て、その然るべき準備により目標は成し遂げられるわけです。
もう一度自分なりの目印を再確認して、新たな年の扉を開けたいと思います。

今年1年本当にお世話になりました。
深く御礼申し上げます。
来年も何卒宜しくお願い致します。

経験

春夏秋冬と四季のある国ニッポン!素晴らしいことです! しかし寒いのはちょっと・・・ まっ、暑いのもちょっと・・・ なんですけど・・・

伊藤まみ、石川範子、両選手の為に、年末のこの忙しい時期にも関わらず、沢山のご声援を頂きましたこと深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

伊藤(判定勝ち)、石川(判定負け)1勝1敗と言う結果に終わりました。
ちなみに伊藤の試合ですが、滅多にお目に掛かれないダブルノックダウンでの勝利でした。

私もこの業界に長くおりますが、実際に目の当たりにするのは初めてのことです。
ダブルノックダウンつまり両者がパンチを同時に出して、それが同時に当たり、同時にダウンすることです。
まさにボクシングにおける珍場面中の珍場面です。
おそらく女子ボクシング史上初ではないでしょうか?
しかも両者共にクリーンヒットし、お互いダメージのある状態(カウント8での再開)でのことですから見ている方も呆然としてしまい一瞬声を出すことも忘れるほどでした。
しかしながらその後は、両者一歩も引かず男子顔負けの激しい打ち合いの中、判定まで縺れ込む好試合となりました。

人間は誰しも予期せぬ事に慌ててしまうものです。
私自身もその瞬間は頭が完全にフリーズしていました。
今、目の前で何が起きているのか理解するのに時間が必要だったのです。
やはり経験を積むことは本当に大事なことだと改めて思い知らされました。
だから昨夜負けてしまった石川も、そう言った意味ではそれも経験かもしれません。
キャリアと言う強大なパワーで一回り大きく成長してもらいたいものです。

月別