2010年5月アーカイブ


ベスト

ボクサー=減量みたいなイメージありますよね?
確かに大半のボクサーは減量するのが一般的です。
何故、減量をするのか?それは単純に対戦する相手が自分より小さければ有利になり、
反対に相手が大きければ不利になると言う理由が一番大きいのではないでしょうか。
しかし、やり過ぎは良くありません。まさに過ぎたるは及ばざるが如しになってしまいます。
もし減量に失敗しても、決まっている試合を取りやめる事などはプロとして絶対できません。
仮に減量が敗因であったとしても、それは理由にはならないのです。
いったい何の為に辛い思いをして減量したのか、それこそ本末転倒です。
人それぞれ身長、体重、体格、骨格は千差万別ですから、自分に合ったベストなウェイトを探す事が重要です。
あくまで目的は減量ではなく、勝利することですから・・・

当ジムにも沢山のフィットネス会員の方が在籍されています。
通われている方の理由は人それぞれ様々ですが、その中でもやはり多いのが、
冒頭にも書いたボクシングジム=ダイエットと言うイメージを持った方が多いようです。
でもそれを目的にするのではなく、その結果になってもらえれば嬉しく思います。
ボクシングを楽しむ事→運動不足解消→ダイエット→健康維持→ストレス発散→ベストな状態!
ボクシングそのものを楽しむこと、その結果が皆さんの色々な意味でのベストに繋がっていく事を願っています。

同窓会

ボクシングと言えば後楽園ホール!
ちなみに後楽園ホールはその昔、後楽園ジムと呼ばれていたそうです。
ジム?って事は、練習も出来たのですかね?

昨日、その後楽園ホールにて行われました斉田一門会へ大勢の方々に足をお運び頂いた事心より御礼申し上げます。
大歓声の中、無事幕を下ろす事が出来ました。
これも皆様の気持ちのこもったご声援のお陰です。
本当にありがとうございました。
結果は岡田哲也見事な4RTKO勝利!
伊藤まみは非常に惜しいドロー(引分け)でした。
両選手共に全力を出し切っての結果です。
本当にお疲れ様、ゆっくり休んでください。

今回の興行名斉田一門会の名前の由来は?元斉田ジムの所属選手が現在ジムオーナーになり、全ての試合において各ジムの選手が出場する事を指します。

斉田ジム 斉田会長 我々の育ての親であり、また人生の恩師でもあります。

八王子中屋ジム 中屋会長 ボクシングを一から教わった当時のチーフトレーナー、私にとってやはり恩人です。

シュウジム 松岡会長 立派な会社を数多く経営されている尊敬する先輩です。

元気ジム 堀内会長 現役時代は常に先駆者として活躍されていた元日本ウエルター級チャンピオンの先輩です。 

そしてイマオカジムの私、今岡です。
以上5ジムの協力において行われました。

また、現在斉田ジムにてトレーナーとして後進の指導にあたる渡辺雄二。
彼もまた、斉田ジムファミリーには不可欠な存在です。私にとっては親友であり、またライバルでもあり、現役時代は目標にしていた尊敬する一人です。

昔懐かしい顔ぶれが、後楽園ホールに揃うのは何と20年!ぶりのことです。
まるで同窓会の様でした。
久し振りにチーム斉田の皆さんの元気そうなお顔を拝見出来た事を大変嬉しく思います。
とは言っても、もちろん試合の時には集中していましたよ!(笑)

その季節の前に

先日、行われましたダブルタイトルマッチを観戦しに武道館まで行って参りました。
日本人史上最高のボクサーとの呼び名も高い、完成された長谷川選手の動きを生で観戦出来たこと、そして歴史あるバンタム級において、最高峰のボクサー同士が激突する世紀の一戦をリングサイトでその臨場感を感じることが出来た事は至福の喜びです。
結果的には残念でしたが・・・ でも素晴らしい試合でした!
是非、リベンジしてもらいたいと願っています。
また、その前に行われたチャンピオン西岡選手の試合はパーフェクトの一言に尽きます。
次回予定されている指名挑戦者(ランキング1位)との試合が今から楽しみで仕方ありません。

ここ数日で急激に暖かくなってきたことを車に乗る度に感じています。
つい最近までカーエアコンの設定を暖房にしていたのが、ほんの数週間で天気の良い日には冷房にしています。
何故か?寒かった日が懐かしく思えてきますね(笑)
暖かくなってくると人間を含め地球上全ての動物が活発になってきます。
当ジムでも例外ではなく、夏と冬とでは一日に練習に来る人の数がかなり変わってきます。
やはり夏は脈動の季節なんですかね?
しかし、気温が上がればその分カロリー消費が激しくなります。
つまり体力を消耗しやすくなるということです。
そう言う意味では、ダイエットするには絶好の季節でもあります。
但し、その為に必要不可欠なものが体力なのです。
体力は急につくものでも、また目に見えてわかるものでもありません。
だからこそ夏に向けての準備が大事です。
皆さんもうすぐ来る、その季節の用意は万全ですか?
その時が来たらではなく、その前が大事ということですよ!

月別