2010年10月アーカイブ


デトックス

いや~食欲の!そしてスポーツの!そんな季節到来ですね?って、つい先日までそんな会話をしていたのが、昨夜自宅ではストーブを引っ張り出してきました。
秋だな?と思っていたら、早くも次の季節が・・・。
季節の移り変わりは実に早いですね。
皆さんはもう冬支度お済でしょうか?

そんな訳でジムでもそろそろ暖房の出番かな?っと思いきや、実は皆さんの熱気で暖房要らずなんです。
とは言ってもやはり冬です。ですからもっと汗をかきたいと言う方は、いつもより少し厚手のトレーナーか、又はウインドブレーカーなどご用意いただくと良いかもしれません。
寒い時期に汗を出すのは、実に気持ちの良い事ですからね。
老廃物を出して新鮮な空気に入れ替えましょう!
きっとカラダも喜びますよ。

何事も・・・

ある事がきっかけで、ボクシングマガジン連載のボクサーの為のスーパーテク講座と言うお題で4ページ分のスペースを頂ける事になりました。
とは言え、ボクシングマガジンと言えばボクサーの教科書みたいなものです。
本当に私なんかで良いのかな?とも考えましたが、結局喜んでお引き受けした次第です。
既に8月、9月、10月号、には独断と偏見的意見で好き勝手に、言いたい放題、書きたい放題でやらせてもらっています。(自ら有言実行出来るかは別問題ですが・・・)
内容的には、タイトル通り技術論が文章の大部分を占めています。
しかし、そこで改めて考えさせられるのがメンタリティーの重要性です。
私が現役時代によくお世話になったボクシングバイブルボクシングは科学だ!?(ジョー小泉さん著書)の最終章のページだったと思うのですが、こんな締めくくりの言葉があったように記憶しています。素晴らしく卓越した技術も精神力と言う土台無しには何の役にも立たない
つまり、技術は強靭な精神力に支えられてこそ初めて生かされるわけです。
また、12ラウンドと言う長丁場を戦い抜く体力は必要不可欠である事は言うまでもありません。
最終的には心・技・体の円グラフバランスが綺麗に整っていなければならないという事になってきます。
でも、これってボクシングに限らず何事においても言えるような気がします。
スポーツは勿論、仕事や生活,人付き合いなどなど・・・
結局、何事もバランスなんですね。

月別