2015年11月アーカイブ


勘違いは困ります・・・

突然ですが、皆さん減感作療法ってご存知ですか?

一言で表すならば、アレルギーと良好な関係を築く為の治療法の一つです。

私の場合は花粉(スギ)ですが、そのシーズンになる前に少しずつ身体にスギの成分を取り込み慣らしていくわけです。

本来、花粉は身体には何の害も無いにも拘らず、勝手に身体が敵と判断して攻撃してしまうんですね。

その結果、あのグジュグジュ状態になるわけです.

まっ、本当に身体の事を体が考えてくれるのは大変ありがたい事なんですが・・・

何せ、そもそもが?勘違い?なわけですから・・・

毎年毎年、そろそろ気が付いてくれればいいんですけど・・・

という事で只今身体にその事を教えています。

1段階?4段階まである中で現在3段階に突入中です。

だいぶわかってくれている気がしないでもないです。

来年の?あの?シーズンが楽しみです。

 

そして、その病院の帰り道に人だかりが!

何と!こんなカワイ子ちゃん達に遭遇しました↓

DSC_0068.JPG

なので、思わずパチリ。

凄い!

?今年も残すところ?という書き出しを目にする、もうそんな時期ですね。

?時間が経つのは早いものです?この言葉もセットです。

そして最近感じるのが、歳を重ねるごとに?それ?が徐々に早まっていることです。

それだけに、一日一日が貴重です。

 

そう、歳と言えばボクシングに関わらず、スポーツ全般において競技年齢が上がってきていますね。

しかも、バリバリの第一線で活躍していますから驚きです。

例えば、テニスプレーヤーのロジャーフェデラーなど、彼らはどの様にして肉体と精神の維持をしているのでしょうか?

グランドスラム初優勝が2003年ですから、もう12年もの間トップに君臨し続けてきたことになります。

たまたまジムのオープン年が同じだったもので、特にその時間の長さを感じます。

8歳からキャリアをスタートさせ現在34歳ですから、もう四半世紀以上に渡って一つの競技に徹しているわけです。

本当に凄い・・・

凄いと言えば、今日のニュースに出ていた<世界最速105歳>見出しを見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000002-kyt-spo

コメントが印象的ですね「さすがに最近は足が弱まりました」

弱まったと言っても、105歳ですからね・・・。

日頃,さぞかし摂生されているのでしょう。

本当に?凄い?としか言葉が出てきません。

心から尊敬します。

いつまでもお元気で走り続けてほしいものです。

月別